【画像解説】PS4のセーブデータをUSBメモリにコピー&本体にコピーする方法

PS4のセーブデータをUSBメモリにコピー&本体にコピーする方法
イブ
PS4のセーブデータをUSBにコピーする方法と、そのデータを本体にコピーする方法を教えて!

こんな要望に答える内容です。

SSDに換装するときのバックアップとか、他のPS4で遊ぶ時のデータ一時保存なんかに使えますね。

超ざっくり言えば、本体にUSBメモリを挿して、設定メニューを操作すればコピーできます。

スクショを見ながら、一緒にやってみましょう。

更新履歴

■2021/01/28追記

・コメント頂き、セーブデータをコピーするのに必要なUSBの必要容量(GB数)について追記しました。
→ゲーム30本くらいのセーブデータだけなら8GBあれば十分OK。

・「USBが対応していないよー」と表示されたときの対処法について追記しました。
→USBのフォーマットが必要。

スポンサーリンク

1.USBメモリにセーブデータをコピーする

【USBにコピーする手順】

1-1.USBメモリの用意

容量 → セーブデータだけなら8GBあれば十分すぎます。(僕の場合、ゲーム30本~50本でも1~2GBでした。)

(※ただし、USBメモリは容量が多くてもコスパがいいので、64GBとかのものを買っておくとPS4で撮影した画像や動画の保存の他にも、パソコンでも使えるのでおすすめです。お財布に余裕があれば、容量が多めのものを検討してみると後々も役に立つかもしれません。)

もこ
本体に保存されているデータの各容量(GB数)は、[設定]→[ストレージ]→[本体ストレージ]で確認できるよ!!

厚さ → 8mm以下を選べば安全。(僕は9mmくらいのUSBでギリギリ挿さりました(苦笑))

PS4にUSBメモリを挿している画像。厚さ9mmくらいでギリギリ挿せている様子

1-2.PS4にUSBメモリを挿す

とりあえず本体にUSBを挿してみましょう。

PS4にUSBメモリが挿してある画像
注意

USBを挿した後、「このUSBストレージ機器のファイルシステムには対応していません。」などと表示されてUSBが使えなかった場合は、パソコンでUSBをフォーマットする必要があります。

イブ
フォーマットのやり方は↓の記事の「USBメモリをフォーマットする」ってところで解説してるから、参考にしてみてね。

◆PS4で使うUSBメモリのフォーマットのやり方はこちら

1-3.「設定」メニュー

PS4のホーム画面「設定」メニュー

1-4.「アプリケーションセーブデータ管理」

PS4の設定メニュー、「設定」画面

1-5.「本体ストレージのセーブデータ」

PS4の設定メニュー、「アプリケーションセーブデータ管理」画面

1-6.「USBストレージ機器にコピーする」を選択

PS4の設定メニュー、「本体ストレージのセーブデータ」画面

1-7.タイトルを選んで保存するデータを選んで「コピー」

PS4の設定メニュー、「USBストレージ機器にコピーする」画面 PS4の設定メニュー、「USBストレージ機器にコピーする」画面

(それぞれのデータ内容がよくわからなかったら、とりあえず「すべて選ぶ」でOK)
今回はモンハンワールドのセーブデータをコピーしてみました。

PS4本体からUSBメモリへのコピーはコレでOKです。

補足

「option」ボタンを押すとまとめてデータをコピーできますよ★

PS4の設定メニュー、「option」ボタンを押した「USBストレージ機器にコピーする」画面
SSD換装時のデータバックアップにはこちらの方が便利です。

また、SSDに換装した場合には、定期的にセーブデータをバックアップしておく方が安心です。SSDは突然死の可能性があるので、万が一には備えておいたほうが良いでしょう(「・ω・)「

2.本体にセーブデータをコピーする

【本体にコピーする手順】

2-1.PS4にUSBメモリを挿す

PS4にUSBメモリが挿してある画像

2-2.「設定」メニュー

PS4のホーム画面「設定」メニュー

2-3.「アプリケーションセーブデータ管理」

PS4の設定メニュー、「設定」画面

2-4.「USBストレージ機器のセーブデータ」

PS4の設定メニュー、「アプリケーションセーブデータ管理」画面

2-5.「本体ストレージにコピーする」を選択

PS4の設定メニュー、「USBストレージ機器のセーブデータ」画面

2-6.タイトルを選んで、データを選んで「コピー」

PS4の設定メニュー、「本体ストレージにコピーする」画面 PS4の設定メニュー、「本体ストレージにコピーする」画面

こちらも「option」で、まとめてコピー可能です。

PS4の設定メニュー、「option」ボタンを押した「USBストレージ機器にコピーする」画面
注意

コピーする時に既に、本体に同じセーブタイトルがある場合には、上書きの確認があります。

デフォルトで「はい」が選択されているので○連打はやめましょう。間違って、古いデータで上書きしてしまう可能性があります。

 

というわけで、今回はUSB←→PS4本体のセーブデータコピー方法を解説しました。

データのバックアップは定期的にしておきましょう。

もこ
何時間もプレイしたセーブデータはほんと大事だよね~。
イブ
たしかし

 

 

↓セーブデータだけなら8GBで全然OK! 他でも使いたければ32GB、64GBもおすすめ!

【動画あり】PS4ProをSSDに変えて本当に効果あるの?3作品で検証してみた

【動画あり】PS4ProをSSDに変えて本当に効果あるの?3作品で検証してみた

2020年6月27日

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • オンラインでゲームをプレイしていません。この場合でもセーブデータをしたいのですが、可能でしょうか。アプリをダウンロードする必要がありますか。

    • >佐野研一郎さん
      よろしければ以下の内容について、詳しく状況をお聞かせください。
      調査の後、より詳細な回答をさせていただきたく思います。

      1.PS4内のセーブデータをUSBメモリに保存したいのでしょうか?
      2.オンラインのゲームをプレイされていて、そのセーブデータをUSBメモリなどに保存したいのですか?
      3.よろしければ対象のゲームソフトを教えて下さい。
      4.アプリというのはPS4のアプリか、それともスマホなどのアプリのことですか?
      (本記事内で紹介させていただいた方法は、アプリは必要なく、PS4の標準機能のみで行なえます。)
      5.その他、疑問点などお気軽にコメント頂ければと思います^^

    • >さーさん
      USBメモリの容量(何GBくらい必要?)は

      セーブデータをコピーするだけなら、一般的に8GBで十分すぎるくらいです。(僕は30本くらいで1GBちょっとでしたよ^^)
      ・PS4で撮影した動画や画像もUSBにコピーしたいなら、32GBや64GB以上あったほうが便利かなーと思います。

      今使ってるPS4のGB数は、[設定]→[ストレージ]→[本体ストレージ]で確認できるので、GB数の目安にしてみてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA